いなべ市S邸様 車庫倉庫 鉄骨塗装 鉄扉塗装

■施工内容
鉄骨塗装 鉄扉塗装

■施工場所(地域)
いなべ市

・写真ファイル名
施工前:

施工後:

 

【本文】:

三重県いなべ市で車庫倉庫の鉄骨と鉄扉の塗装を行いまいました。

     今回の施工では、カラ―を大きく変更し温かい印象の仕上がりになりました!

     夜でも見やすいように蛍光色使用させてもらいました。
     本当にありがとうございました。素敵な暮らしをお過ごしください。

外壁塗装(塗り替え)の時期 

1築年数

2外壁にひび割れがある

  1. 3雨筋汚れがひどくてきたない
  2. 4手摺などの鉄部にさびが発生している
  3. 5建物の色があせている
  4. 6かびや藻が発生している

など外壁の状態で塗り替え時期かどうかを判断します。

これらの状態は、みなさんご自身でもチェックできます。建物の外観をいつまでもきれいに保つために定期的なお家の診断をお勧めします。

下の写真は、外壁の一般的な劣化状態です。

手に付着した白い粉は塗膜が劣化しているためで、これはチョーキングと言われています。
また破風板・鼻隠し部分の木部やボード面の塗膜がはがれ、色あせも起きています。
サイディング壁面の目地部分が劣化し亀裂を引き起こしています。
屋根カラーベスト面は色あせて、防水効果に影響を及ぼします。
鉄部は錆に弱く、錆の発生が確認されたら、早めの塗装をおすすめしています。
      チョーキング 色あせ 亀裂 錆の発生
左から:チョーキング 塗膜の色あせ ボードの浮き 錆の発生
      色あせ 色あせ 色あせ 亀裂
左から:屋根材の色あせ・劣化 破風の塗膜の剥がれ 壁面にクラック(ひび割れ)

  • これらの症状を放っておくと、症状が進行して外壁から水が入り込み建物の寿命を縮めることになります。また外壁塗装などの補修費用もかさむことになります。早め早めの診断と塗り替えが建物の寿命を延ばすコツです。
  • 外壁の塗膜がどのくらい長持ちするかどうかの目安として「塗装後の年数」と「建物周辺環境」があります。塗膜は時間が経てば経つほど劣化していきます。
  • その様子は私たちが年を重ねるごとに肌が衰えて行くのと同じです。また四季を通して気候の穏やかな場所と湿気や風雨が多い所とでは、塗膜の傷み方や傷みの進行具合も変化します。

■外壁塗装(塗り替え)は8~15年が目安
外壁塗装・塗り替え時期の目安・「外壁塗装後の年数」で見ると、外壁の塗り替えサイクルは8~13年と言われています。
塗装されている塗料の特徴やグレードによっても異なりますが、このサイクルで塗り替えると、予算的・工期的に見て最も効率的な塗り替えができると同時に、建物の美観を保つことができます。
・「建物周辺環境」について見た場合、建物の塗膜を劣化させる要因が、周辺にどれだけあるのか、という観点から見ます。
紫外線、塩分、炭酸ガス、雨水などは、すべて塗膜の劣化要因になります。建物のある場所に、これらの要因がどの位多いのか、塗膜の劣化度を判断する好材料となります。沿岸部では鉄部は錆びやすい例えば、沿岸部では塩分の影響を受けやすく、鉄部の錆の発生で腐食の度合いが速くなる傾向にあります。また自動車の多い都市部では工場の煤煙や自動車の排気ガスが多いため汚れの進み具合が速くなります。
このほか下地のひび割れが速く現れるの原因としては、交通量の多い道路に面している建物が多いようです。これは車の走行による振動が起因しているようです。
(↑沿岸部では塩害を受けやすい)
皆様が外壁塗装(塗り替え)をお考えになられた場合は、自宅の築年数、立地・気象条件、現在の劣化状況、前回の塗り替え年(その際使用した塗料の種類)などを考慮していただければと思います。

お問合せはコチラ

PAGE
TOP